トップページ > 原因別 > 不妊症の原因、あなたの知らない意外な事実!?

不妊症の原因、あなたの知らない意外な事実!?

多くのカップルが悩む不妊症。
その原因は様々で、女性のみの原因が41%、男女双方に問題がある場合が24%、男性のみの原因が24%、原因不明が11%といわれています。

女性、男性それぞれの主な不妊原因

【女性の主な原因】 【男性の主な原因】
1.排卵の問題
2.卵管の問題
3.子宮頚管の問題
4.受精の問題
5.着床の問題
6.子宮内膜症
7.原因不明不妊
1.精子の機能障害
2.精管の通過障害
3.性機能障害

女性の場合最近では、特に年齢の問題による不妊症が増加しています。

【特集】卵子の老化を改善し妊娠率を上げる方法があった

妊娠率は35歳からだんだん低下して、40歳以上から特にガクンと下がります。
これには卵子の質の低下が関係しています。卵子は年齢を重ねるごとに質が低下し、これが妊娠率を下げ、流産率を上げる原因の1つとなっています。

このように女性の不妊症は、排卵の問題など卵子にかかわる原因がその多くをしめています。
AMH検査で卵子の状態を把握するなどして、特に卵子の質に気をつけるのがいいのではないでしょうか。

男性の場合では、精子の数が少なかったり、運動率が低かったりといった、精子の機能障害が全体の90%をも占めています。
これらは主に精子の活動エネルギーをつかさどるるミトコンドリアの機能低下が原因と言われています。

このミトコンドリアは、実は卵子の質にも大きな影響を与えています。
卵子の細胞分裂などすべてミトコンドリアがエネルギー源となっていて、その他にも人体の様々な器官でエネルギーを供給しています。

卵子の質、そして精子の質をしっかり理解して、改善することが妊娠への近道なのです。


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談