トップページ > 夫婦の問題 > 排卵日以外にもセックスすることが卵子を若々しく保つ秘訣?

排卵日以外にもセックスすることが卵子を若々しく保つ秘訣?

妊娠するためには適切なタイミングでセックスする事は必須ですが、そのタイミングを重要視するあまり、排卵付近以外にセックスをしなくなる夫婦が増えています。

セックスは重要なコミュニケーションツールである、という意識を改めて持つようにしてみましょう。
そうでないと子供ができた後にセックスレスに陥り、夫婦関係が冷えてしまう事にもなりかねません。

女性の体は、パートナーを受け入れる事により女性ホルモンが活性化され、卵子を新鮮に保つ体になります。男性も性的な興奮が精子の活動率を上げる事になります。

その証拠にマスターベーションとセックスでは精子の質が大きく違うとの報告があります。
このことから不妊検査でマスターベーションにより精子を採取した場合は、あまり良い結果が出ていません。

卵子を新鮮に保ち、老化を押さえるためには排卵日以外にも性的な興奮によるセックスや卵子の中にあるミトコンドリアの活性化が大切になります。

「今日は排卵日だからセックスしよう」というよりも上手な雰囲気作りも大切です。少しのお酒が力を貸してくれる時もあります。

女性はオーガズムに達した方が精子を受け入れやすいという事もあるので、排卵日以外にもセックスをする事で夫婦間の絆をより深める事が大切です。


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談