トップページ > 夫婦の問題 > 漢方はどんな効果があるの?

漢方はどんな効果があるの?

男性不妊は女性と比べて医学的治療法が確立されていないことはご存じでしょうか。

西洋医学では、男性不妊に対して患者本人を治療することはほとんどありません。

しかし東洋医学では漢方を人工授精や体外受精の成功率を上げる為、「精子の造成能力」の回復に服用します。

男性不妊の原因は、「無精子症や精子の運動力がない」などの造精機能障害がほとんどです。

■造精機能障害を招きやすい体質

・腎陽虚(じんようきょ):腎の働きが衰え、体内を温める機能が低下した状態
・腎陰虚(じんいんきょ):腎の働きが衰え、体内をクールダウンさせる機能が低下した状態
・気血両虚(きけつりょうきょ):生命エネルギーである「気」と「血」が不足した状態
・お血(おけつ):血の巡りが悪い状態

これらは精子の数や運動量低下を引き起こし性欲激減の症状もあらわれます。

漢方薬は自然の生薬を用いるため、体への負担が少ないのが特徴とされていますが、 あくまで体質改善が基本となるため特効性は期待できず、使用が長期に及ぶ場合があります。

男性不妊の原因は、老化の一環として起こることの多い症候です。

不摂生や病気による体力の低下、ストレスによる慢性的な精神疲労などが原因の場合は 漢方での体質を改善が期待できますが、「老化」に対しては効果的な作用は見込めません。

■老化しない精子を育てるには?

精子をはじめ、人間のあらゆる細胞にはミトコンドリアとよばれるエネルギーをつかさどる小器官が備わっています。

運動量の低下は精子の動きを司るミトコンドリアの異常が原因です。

このミトコンドリアを正常な状態に戻すと必然的に運動量も正常に戻ることになります。

そこで近年注目されているミトコンドリアへのアプローチが「生殖細胞ミトコンドリア治療」です。

ミトコンドリアに「ミネラルES-55」という成分を使用し治療します。

「ミネラルES-55」は微小電子を与える唯一の成分で、ミトコンドリアの働きを活性化する効果が期待できると注目されている成分の一つです。 ミトコンドリアを活性させることができれば、卵子まで泳ぎ切る運動力がつき受精率をあげることが可能になるのです。

当サイトにミネラルES-55に関するたくさんの口コミが寄せられていますのでぜひご覧ください。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談