トップページ > 病院 > はじめての不妊治療・・・病院でできること。できないこと。

はじめての不妊治療・・・病院でできること。できないこと。

■不妊症、不妊症と言いますが「不妊」はそもそも病気でしょうか?

「不妊症」とはいいますが「不妊病」とは言いませんよね。
実際のところは、赤ちゃんを産む力「妊娠力」が、なんらかの理由で不足した状態というのが正解だと思います。
この妊娠力を妊娠できるところまで、補ってあげたり、高めてあげる必要があります。
それには

a)病院で治療する

b)食事や生活を変える

c)漢方やサプリメント、鍼灸などで体質改善する

といった方法が考えられます。

でも、これだけ不妊治療の技術が進んでいるから、病院に行ってれば大丈夫じゃないの?
そう思われるかもしれません。
不妊治療は素晴らしい技術であることは間違いないですし、妊娠への大きな可能性をもたらしてくれます。ただ、決して受ければ誰もが赤ちゃんに恵まれる夢の治療ではないんですね。
つらい面もたくさんあります。
妊娠率も人工授精で5〜15%、体外受精で15〜25%、顕微授精ですら20〜25%です。
肉体的、精神的な負担はもちろんのこと、高額な費用もかかります。
(だからこそ、1回1回の治療を後悔のないように大切に受けてほしいと思います。)

そしてまた、実は妊娠に関して、治療できること、できないことがあるんです。
病院でできることは、

1)不妊の原因をみつけること

2)排卵を誘発すること

3)女性ホルモンを一時的に補充すること

4)妊娠のタイミングをあわせること

5)子宮ポリープや卵管癒着などを治療すること

6)受精の手伝いをすること

一方で、病院ではどうしてもできないことがあります。
それは

1)卵子の質を高めること

2)着床しやすい子宮内環境を整えること

3)女性ホルモンのバランスを整えること

です。病院でできないことは、あなた自身がしていかなくてはいけません。
そして、それこそ、食事や生活を変え、漢方やサプリメントなどの力を利用していく「妊娠しやすい体づくり」なんです。

【特集】卵子の老化を改善し妊娠率を上げる方法があった

ちょっとわかりにくいかもしれないので、下の図を見てみてください。

 

aは、妊娠力が高いので、自然妊娠できます。
bは少し妊娠力が下がっているので、dのように病院の治療か体づくりで妊娠力を補う必要があります。
cは、かなり妊娠力が低くなってしまったので、どちらかだけの方法では、残念ながらe、fのように妊娠可能ラインまで届きません。なので病院の治療と体づくりの両方をしたほうがいいですね。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談