トップページ > 病院 > 【不妊治療の費用】タイミング法から体外受精まで全部試したら○万円

【不妊治療の費用】タイミング法から体外受精まで全部試したら○万円

自費診療でタイミング法から体外受精までを行った場合にかかる費用の平均額を割り出してみました。

※東京都の10カ所の不妊治療専門病院の費用の平均を算出しています。
※各治療の回数は平均行われる治療回数としています。

項目
内容
費用
初診  
3,000円
検査 感染症検査
20,000円
タイミング法 5回
5回
10,000円×5回=50,000円
薬物療法 排卵誘発剤など
1回5,000円程度
人工授精 薬剤料、投薬料、精子凍結料などの費用を含む

3回
65,000円×3回=195,000円

体外受精 採卵、胚移植にかかる費用を含む

3回
300,000円×3回=900,000円

顕微授精 卵を育てる注射から、胚移植後全て含む

2回
365,000円×2回=730,000円

平均合計額

1,900,000円

これに再診料や凍結料、管理料、などが入ってきます。

 

できるだけ少ない治療回数で妊娠するためには

できるだけ不妊治療の費用を安く抑えて妊娠・出産したいものですが、そうするには、妊娠確率を高くしてできるだけ少ない治療回数で妊娠し、流産しにくくすることです。

経済的な不安も女性の体には大きなストレスになり、不妊を助長しかねません。

 

現在不妊症の原因で最もとりざたされているのは、卵子の老化をはじめとする「卵子や精子の質」の低下です。

卵子や精子は加齢や生活環境のストレスなどにより、質が低下し活動が弱まるといわれています。

【特集】卵子の老化を改善し妊娠率を上げる方法があった

「卵子や精子の質」が低下していると顕微授精などの高度な不妊治療をもってしても、成功には限界があります。

妊娠確率を高くしてできるだけ少ない治療回数で妊娠するためにも、「卵子や精子の質」といった根本的な部分にも目を向けてみるのがいいのではないでしょうか。


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談