トップページ > 顕微受精 > 無精子症=妊娠は無理?

無精子症=妊娠は無理?

男性の精液の中に精子が存在しない症状

無精子症とは、男性の精液の中に精子が存在しない症状の事を言います。

受精の確率は非常に低くなりますし原因としてはコルチコステロイドの副作用としても報告されたことがあります。

しかし、顕微受精を行えば可能性を高める事も可能です。
手術にて精巣から健康的な精子1匹でもを採取出来る事が第一条件となります。

手術により取り出した精子は未発達なケースが高いので自ら受精する能力がありません。

そこで直接卵子に投与する事で受精を促します。

無精子症であっても可能性はまだまだあるのです。

現在、課題として考えられているのは、手術で健康的な精子を取り出せるのかといった部分です。

これは精巣自体を強化させるような方法が必要となり現代医療において新しい方法の確立が望まれています。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談