トップページ > 体外受精 > スプレキュアで排卵時間をコントロール?!

スプレキュアで排卵時間をコントロール?!

スプレキュアとは、視床下部に働きかけることで脳下垂体ホルモンの分泌を抑制する点鼻薬のこと。
主に体外受精を受ける方が利用するケースが多く、
使用する方法によって排卵の時期を調整できるお薬なのです。

一般的な体外受精には“ロング法”と“ショート法”があります。

【ロング法】

ロング法の場合は、脳に「排卵しないでください!!」と命令する目的として使用されます。
前周期の黄体期半ばから点鼻することで採卵前に自然排卵してしまわないよう、
しっかりと成熟卵になるまで抑制させる役割として用いられています。

【ショート法】
ショート法の場合は、月経が開始されてから連続使用することで
ロング法とは逆に、脳に「排卵してください!!」と命令する目的に変わるのです。

排卵誘発として使われる場合には、36時間内が排卵時間といわれています。
点鼻してから数時間で排卵が起こる、ということも考えられます。

 

使用する期間・時期で、排卵時間が変わってくるので
使用方法が大変重要となってくるのがスプレキュア。

医師の指示をしっかり聞き入れ
次回の採卵にむけて使用することが大切です。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談