トップページ > 男性不妊 > 男性不妊、選抜精子バンキングで良好な精子を保存

男性不妊、選抜精子バンキングで良好な精子を保存

男性不妊の原因の大半を占める「精子減少症」。これは精液1mlの中に2000万以下という状態です。

 

WHO(世界保健機関)の精液検査の正常値(自然に妊娠が可能な精液の下限)は下記のようになります。(2010年最新版)

・精液量1.5ml以上
・精子濃度1500万/ml以上
・総精子数3900万以上
・運動率40%以上
・正常形態率4%以上(奇形率96%未満)
・総運動精子数(総精子数×運動率)1560万以上

 

男性不妊の検査で気をつけるポイント

必ず2回以上の検査を受けること。
精子の寿命は短く、ストレスや、飲酒、免疫状態など体調によって精子量や運動率は大きく変わります。
1回の検査で結果を出すのではなく、2回以上同じ検査を受けることが大事です。

 

精子減少症の疑いがある場合

現在の男性不妊専門病院では、精子減少症の疑いがあった場合、ほとんどが良好な精子だけを保管する選抜精子バンクがすすめられます。

例えば精子量が健常者に比べ5分の1の場合、5回採精し、良好な精子だけを選別して無菌保管します。

これは、人工授精や、体外受精、顕微授精にそなえて蓄えられます。

しかし、選抜精子バンクは治療費が非常に高いのが現状です。

1回の採精から良好な精子を選別して保管するという非常に手間のかかる治療な為、採精の回数が増えるだけ費用も上がっていきます。

選別精子バンクを行っている最中は、飲酒を控え、喫煙者はもちろん禁煙し、精子の質を高めることが大切です。

精子の量が少ないのであれば、精子の質を高めることに努力する必要があります。

 

 

精子の生命エネルギーをつかさどる精子ミトコンドリアは精子の生命維持、運動量の向上に非常に重要な役割を果たします。

 

また、精子ミトコンドリアに電子を与え、運動率向上を目指す、生殖細胞ミトコンドリア治療が注目されています。


男性不妊を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談