トップページ > 薬物療法 > hcg後の夫婦生活のタイミングっていつ?

hcg後の夫婦生活のタイミングっていつ?

hcg=ヒト絨毛性ゴナドトロピン

妊娠中に産生されるホルモンです。
卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があります。

不妊治療中にhcg注射が使用されますが、そのケースは2つ。

・熟成された卵胞を排卵させる目的
・黄体ホルモンの補充

排卵を目的とした場合のhcg注射後、ほとんどの場合は担当医からは注射をした明日に夫婦生活を行なってくださいと指導があります。

「もし排卵をしてしまっていたら明日にタイミングをとるのは遅くない…?」

と疑問に思われる方も多いでしょう。
hcg注射後は24時間〜36時間で排卵が始まります。

もし、朝の10時に注射をした場合は次の日の夜10時までにタイミングをとらなければいけなくなります。
注射後に排卵までに2日かかる場合もありますが、それでも夫婦生活が忙しない感じになってしまいますよね。

精子は通常3日〜7日は生存可能ですが、妊娠確率が高いのは射精後72時間と言われています。
担当医の指示通りにタイミングをとることもいいですが、心配な場合はhcg注射を打つ前後2〜3日はタイミングをとってみるといいかもしれません。

医師からタイミングを指導されると夫婦生活が子作りのための行為になってしまいがちですが、夫婦仲良くすることも大切です。
女性も男性も心がデリケートなので、お互いを思いやる気持ちも忘れずに仲良く夫婦生活を送りましょう!

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談