トップページ > 薬物療法 > 排卵誘発剤 クロミッドの注意点

排卵誘発剤 クロミッドの注意点

排卵誘発剤として多く使われているのがクロミッド(一般名:クエン酸クロミフェン)です。

このクロミッド内服にあたり、まずはGestagen test、Estrogen testを必ず行い、消退出血の出現を確認し、子宮性無月経を場外したのちに、投与を開始されます。

※消退出血とは
子宮内膜は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きによって増殖します。
これらのホルモンが減少(消退)すると、内幕がはがれて出血します。
こうしたホルモンの減少に伴う出血を消退出血といいます。

クロミッドは、まず1日50mg(1錠)を5日間飲みます。(第1クール)
第1クールで効果が見られなかった場合は1日100mgまで増量します。尚、クロミッドの内服は1日100mgが上限です。
クロミッドは第3クールまでに効果がみられなかった場合は中止をすすめられます。

医師により処方方法がかわる場合もありますが、排卵誘発剤を長期的に服用することは妊娠の妨げにも繋がります。
排卵誘発剤は強制的に排卵を促す薬でもあるため、子宮にも負担をかけてしまっています。

不妊治療を行なっているのに不妊治療薬で妊娠の妨げになってしまった、なんてことになってしまっては元も子もありません。

不安な場合は医師に相談し、しっかりと納得してから処方してもらいましょう。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談