トップページ > 薬物療法 > 多胎妊娠。何を気をつければいい?

多胎妊娠。何を気をつければいい?

多胎妊娠ってなあに?

1人の赤ちゃんを妊娠することを「単胎妊娠」、
一度に2人以上の赤ちゃんを妊娠することを「多胎妊娠」といいます。

そのうちの9割以上が双子です。

多胎妊娠がわかるのは、早ければ妊娠5、6週ごろ。妊娠がわかってすぐに超音波検査をすれば、早い時期に知ることができます。
最近は、不妊治療による排卵誘発剤や卵子の操作などが原因で、多胎妊娠が増えているといわれています。

 

多胎妊娠にはどんな種類があるの?

双子には一卵性と二卵性があり、統計的には二卵性は一卵性の2倍といわれています。

1つの受精卵が2つに分裂し、それぞれに胎芽ができた場合が一卵性。同じ遺伝子を持っているため、性別も同じ、外見もとても似ています。

それに対し、ほぼ同時に排卵された2つの卵子がそれぞれに受精したものが二卵性。性別が異なる場合もあり、外見も兄弟程度の似方です。
さらに、胎盤の数と赤ちゃんを包む羊膜の数で数種類に分かれます。

 


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談