トップページ > 薬物療法 > 女性ホルモンの副作用と身体への影響

女性ホルモンの副作用と身体への影響

近年、女性ホルモンの減少で悩まれている女性が増加傾向にあります。
女性ホルモンの減少を補う対処法として、西洋医学においては、ホルモン剤の投与がよく行われます。

女性ホルモン剤は、従来は飲み薬による投与が中心でしたが、今では、身体に貼るシップタイプのものやサプリメント、化粧品など、多岐に渡るようになりました。

代表的な女性ホルモン剤として、「エストロゲン剤」 「プロゲステロン剤」があります。

女性ホルモン剤の副作用

女性ホルモン剤の投与は、メリットばかりではありません。
もちろん、デメリットもあります。

不妊治療で女性ホルモン剤を投与した場合には、吐き気や嘔吐などのつわりに似た症状を訴えることがあります。
また、ホルモン剤を投与すると太りやすくなると言われています。

ホルモン剤の副作用は主に以下のものがあります。

  発疹
  顔のむくみ
  食欲不振
  頭痛、めまい、肩こり
  身体のだるさ
  発汗、発熱など
  吐き気
  のぼせ

これらの症状は、更年期障害によく似ています。

ホルモン剤と発がん性について

ホルモン剤の副作用として、癌になる可能性があることをよく聞きます。

女性ホルモン剤が最も使用されていた国は、西欧(ヨーロッパ)ですが、特に更年期以降の身体の辛さを緩和するために使われ、国民の半数以上の女性が一度はホルモン剤を使われていた時期もありました。

この経緯から西欧から日本にホルモン剤が普及するようになりました。
しかし、アメリカにおけるホルモン剤に関する研究報告で、「長期によるホルモン剤の使用は、癌発症の恐れがある」ということが発表されました。

日本においては、この研究成果をそのまま採用せず、あくまで閉経するまでの短期間の使用においては、症状の進行を注意深く行うことで、発ガンのリスクは大変低く、メリットの方がはるかに大きいと判断されたようです。

現実的に、患者さんにとっても発ガンのリスクや身体の辛さを堪えるより、ホルモン剤を投与した方が良いと考えているようです。

薬以外の改善方法

最近では、ホルモン剤の投与による副作用を嫌う女性も増えており、薬を使わずにサプリメントなどに興味をもたれている女性が増えています。

あとは、排卵された生殖細胞(卵子)がどれだけ妊娠能力をもっているか…

最近はテレビなどでも「卵子の老化」という言葉を耳にするようになってきました。

卵子の質が低下していては受精・着床は望めません。

生殖細胞以外の細胞すべてに言えることですがミトコンドリアが備わっていて
このミトコンドリアの活動性によって質がかわります。

薬や漢方、サプリメント…

無理してストレスを溜めるのは厳禁なので、自分にあった方法でホルモンバランスと生殖細胞の質の改善に取り組んでいきましょう。


不妊治療を乗り越えてついに妊娠/出産したわたしの体験談