トップページ > 不育症 習慣性流産 > 流産しにくい卵子をつくるには?

流産しにくい卵子をつくるには?

妊娠しても流産を繰り返したり継続しない状態を「不育症」といいます。

2回以上の流産を反復流産、3回以上の流産を習慣性流産と呼び、最近では不育症専門外来や専門医院も増え、診察や治療も受けやすくなってきています。

流産の原因の70%は胎児の染色体異常によるものです。
年齢が高くなるにつれ、染色体異常による流産率は上がります。

染色体は老化した卵子や酸化した卵子に原因があるため、まずは老化しにくい卵子を作る事が重要です。

【特集】卵子の老化を改善し妊娠率を上げる方法があった

卵子を若々しく保つためには卵子の中にあるミトコンドリアを健康に保つ事が大事です。

妊娠に一番重要なのは卵子の質です。

最も重要なのは質の良い卵子だということを理解しておかなければなりません。

卵子が成長するためのエネルギーはミトコンドリア細胞が担っていますが、このミトコンドリアはストレスによる酸化の影響をとても受けやすい細胞です。

予測はあくまで予測何だと割り切って考え、ストレスをためず穏やかな気持ちで、「質の良い卵子を作ること」を心がけましょう。

酸化環境に弱いミトコンドリアは、年齢が重なり老化(酸化)が進むことで 十分なエネルギーを生成することができず卵子がうまく育たなくなってしまいます。

このミトコンドリアを活性させるには、エネルギー源であるマイナス電子を与えるという必要があります。

そのエネルギーの供給を可能にしたのが「ミネラルES46」という特殊成分です。

つまり“ミネラルES46”を与えてあげることで、質の良い卵子にするという理論です。

不妊改善の新しい糸口として研究が進んでいます。