トップページ > 不育症 習慣性流産 > ○○流産。これって不妊症?

○○流産。これって不妊症?

 

〇〇流産、これって不育症?

受精しない、受精しても着床せず妊娠に至らないケースを不妊症と指しますが これに対し「不育症」は、妊娠に至ってもお腹の中で赤ちゃんが育たずに流産や死産を繰り返してしまうことをいいます。

流産の原因は不育症検査で解明することができ原因がわかった場合は、ほとんどのケースが対応できます。

しかし検査を行っても約65%は原因不明となり対応しきれないことも少なくありません。

厚生労働省の調べでは、20代後半で不育症と診断された方が14.4%に対し、30代後半では36.5%が不育症で悩みを抱えているという統計がでており 年齢を重ねるごとに出産率にも大きく影響を与えるので、不妊治療中や高齢出産の方に大きな問題となっています。

近年では妊娠前に検査を行い不育症予防や対策などを行う方が増えサプリメントなど積極的な妊活が主流となってきています。