トップページ > 特集 > 高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。

高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。

高齢出産

 

大きな影響を与えるのが下記の3つです。 考えられる大きな影響が下記3点です。


・ダウン症児の出産率向上


・流産率の向上


・着床率の低下


中でも着床率の低下は、妊娠への大きな妨げとなります。

この3つのリスクから共通する点。それが卵子の老化です。 卵子年齢は実年齢で判断することが多いのですが加齢だけでなく生活リズムや食生活などで 卵子の方が高齢ということが多くなっています。

正常な状態の現kな卵子を供給することができれば、年齢に関係なく閉経するまで平均的な妊娠率を保ち、命を授かる可能性は充分にあるということです。

 

 

卵子の老化はミトコンドリアの酸化が原因

卵子自体が正しい機能を果たすために必要なエネルギーを生成する器官がミトコンドリアです。
実は、このミトコンドリアはとてもデリケートなのです。

バランスの 悪い食生活、加齢、不規則な生活習慣などが原因で酸化、つまり老化してしまい正常な働きを失っています。

ミトコンドリアが老化すると細胞(ここでは卵子・精子)自体も老化します。
ミトコンドリアが元気なら卵子精子も元気なのです。


このように重要な役割を持つミトコンドリアにエネルギー源となる微弱な電子を与え、若返らせる治療が「生殖細胞ミトコンドリア治療」です。

【生殖細胞ミトコンドリア治療】は老化によって本来の働きを失いつつある卵子、精子にアプローチし、 その中の活動パワーの源である「ミトコンドリア」に対して「ミネラルES46」を用いて機能の改善を図ります。

「ミネラルES46」が老化したミトコンドリアに不足している微小電子を補給し、本来の機能を回復、 健全な受精、着床環境を整えます。

「ミネラルES46」とは、新規組成物「イオン化ミネラル」です。 これはミトコンドリア治療で使用されている「メトセラESシリーズ」の一つです。

不妊治療向け成分として最適化されており、安全な経口成分です。

ミネラルES46は細胞内部のミトコンドリアに対して、ミクロレベルでの生物化学的な微小粒子(電子)補給をする 唯一の成分です。

またこうしたミネラルES46による一連の作用は、あらゆる食品・栄養素すべてに含まれ る生物・物理的要素“電子”による ミトコンドリアに対する、効率よい反応の手助けであり、安全性には全く問題がありません。

実際には、『ミネラルES46』を配合したカプセルを飲用しておこないます。