トップページ > わたしの体験記 > 私のお腹に赤ちゃんがきてくれたときのこと

私のお腹に赤ちゃんがきてくれたときのこと

私のお腹に赤ちゃんがきてくれたときのことをお話します。

 

私が結婚したのは31歳の時です。

その時は特に考えもせず、結婚して1年ぐらいで子供ができたらいいなぐらいにしか考えていませんでした。

 

しかし、いざ赤ちゃんを望んでみてもなかなか妊娠することができず

自分なりに調べて食事に気をつけたり、生活サイクルを規則正しいものに変えてみたりとしましたが、全く効果はありませんでした。

 

1年ほど試して「原因は自分にあるんだ」「もう自分の子供の顔を見ることは一生できない」というネガティブな考えばかり浮かび、夫との関係もギクシャクする毎日です。

 

このままではいけないと思い、まずは原因を探るために夫と一緒に病院で検査しました。

検査を嫌がるかと思っていた夫がすんなり病院に行ってくれたので驚きました。

 

後で聞いたところ、夫も自分が原因ではないかと思っていたそうです。

不安なのは私だけではないということと、夫もちゃんと考えていてくれてたことが嬉しかったです。

 

検査は夫は2回の通院だけでしたが私は数回通院して検査を受け、結果を待ちました。

検査結果は、夫の精子の動きが少し鈍いとのこと。

しかし自然妊娠は可能なので、まずはタイミング法でやっていきましょうということでした。

 

今までは自分なりに基礎体温を計ってやってきたつもりでしたが、先生から色々とお話を聞いて

基礎体温だけで排卵日を予測することは難しいのだなとわかりました。

 

卵胞径を測って排卵日を予測していただき、夫婦生活の日を指導してもらいました。

しかし、それから一年程続けてみても妊娠することもなくプレッシャーだけを感じていくだけでした。

タイミング法をされているご夫婦の場合、ほとんど半年以内に妊娠されている方が多いようです。

 

「病院で専門の医師に指導してもらうのだから」

という期待もあり、周りから見ても落ち込み具合はひどかったと思います。

 

次の不妊治療に進むこともできましたが、

もう不妊について考えたくないという気持ちが強くなり通院を控えるようにしました。

 

主人も「辛いまま治療をするより、まずは気持ちを落ち着かせてゆっくりしよう」と。

夫婦の時間は今しかないから大切にしよう、と言ってくれました。

 

逃げているだけという感じ方もされましたが、日々プレッシャーを感じていた私を近くで見ていた夫からの言葉は

とても気持ちを軽くさせるものでした。

 

それから2,3ヶ月ほど子供のことは考えずに夫とゆっくり過ごしていましたが、

あまり体調がよくない日が続いたので病院で検査をしてもらうことに。

その検査でなんと妊娠が発覚しました。

 

お医者様から報告されたときは信じられなくて呆然としていました。

 

先生からは

「気持ちが軽くなり、ストレスを感じなくなったので身体も心もリラックスできて妊娠できたのでしょう」

ということでした。

 

心と身体はこんなにも関係してくるのものなのだなと改めて感じました。

 

帰ってから夫に報告すると、とても喜んでくれました。

あんなに嬉しそうな顔は久しぶりです。

私の気持ちを考えて子供のことは何も言わずにいてくれましたが、夫も辛かったんだなと思うと余計に嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

現在は26週目に入っています。

今回、不妊治療をして私が学んだことは「ストレスを溜めない」ことがなんといっても一番なのだなと、とても強く感じました。

 

もちろん、他の治療法で妊娠される方もいらっしゃると思います。

でも、赤ちゃんを迎え入れる女性の精神の負担を減らすこともとても大事だと私は思います。

 

女性の立場や周囲の意見もあると思いますが、周りの意見はそこそこに

旦那さんと一緒にゆったりしてみるのも一つの手だと思います。

 

これからまだまだ不安はありますが、今は産まれてくる子供がどんな子になるのか楽しみでなりません。

あわせて読みたい関連記事

ミネラルES-46・ES-55配合のミネラルES-46カプセルとミネラルES-55 For Menカプセル